【第155回】せどりの会計はどうすればいいのか??って質問が多いです。

どうも、ほーりぃです^^

こんにちは!

 

僕は、学生時代から
なぜか役割がいつも会計でした。笑

 

一番最初は、今でも僕が師匠だと思っている人に、
会計やってみたら?といわれ、

グループで、数億くらいの売り上げを上げている経理を
一人で任されていました。笑

 

 

もちろん、当時は簿記2級のしか持っていなく、
やったこともないから、何からやったら良いのかわからず、
なんども泣きそうになりながらスパルタ教育されたことを覚えています。

(スパルタというのは、放置の意味のスパルタです。笑)

 

何度も、税務署に電話をしてり、
会計ソフトの会社に電話したりと、
おかげで様々な経験はさせてもらいましたし、
たくさんの知恵は身に付きましたね。

 

 

そして、その後会社員としても
最初は営業で志望して入ったのに、
経理を任されることになります。笑

 

そこで、僕は初めて経理の基礎を学びました。笑

 

仕分けって何?
貸借対照表?損益計算書?

わかっているようで、わかってないことがたくさんありましたね。

 

それでもわからないことは調べ、上司に聞きまくったり、
会社の資料を過去から、すべて見まくったりとかして、
1年目から、グループ会社3社の決算まですべてやらされてました。笑

 

 

おかげ様で、今では会計の知識には困らないですね。
会計に関しては、税理士先生よりも詳しいことあったりします。

 

知り合いの会社で、税理士の言いなりになってやっていたので、
それをやめさせて。年間100万くらいの税金を削減したりもしましたね。
これは、お金の流れをかえるだけで防ぐことができました。
(まぁ税務を教えることはグレーですが、知り合いなので。)

 

という訳で会計も知っているのと、
知らないのでかなり大きな差になって来ます。

 

 

会計は、「税務」と「融資」の両方で必要になってきますね。

 

 

僕は融資の方も得意で、
個人では400万借りていますし、友人に300万借りさせました。
そして法人でも、1000万以上借りる予定をしています。

 

これも会計の知識があるからです。

 

友人に教えていた時は、

絶対借りられると思って行かせたのに、
「多分ダメだった。」と言うもんだから、
そんなわけあるか!!といって、
もう一度担当者を変えて面談させたら、3日で融資おりましたよ。笑

 

まぁそんなもんです。
ってか融資担当者も、税務署の人も全然知識ありませんからね。
知識もない上に、知恵もないので困ったもんです。笑

 

 

そして、最近調べてわかったのですが、
融資を教える仕事があるんですね!!しかも成功報酬の10%!!とか。
ってことは僕は30万円もらい損ねたのか。。。笑

 

 

 

タイトルと話はそれましたが、
会計に関してはきっちりつけるべきです。

 

個人でやられている方は、青色申告よりも、
断然「白色申告」です!!

 

青色申告は、ルールがややこしく、時間と手間がかかります。
そして白色申告なら、会計ソフトなんていりません。

 

僕はすべてエクセルでつけています。

 

 

重要なのは、
・いつ
・だれから
・いくらで
・用途は何か?
というところです。

 

売上げも仕入れも経費も同じです。
領収書を思い出してほしいですが、これが書いてあると思います。
日付、お店の名前、金額、但し書き、ですね。

 

なので、商品の管理もこれらがわかるようにつけておけば問題ありません。

 

このあたりの知識も
有料ですが販売しようかと思っていますね。

 

エクセルシートも今は販売していませんが、
以前は数万くらいで販売していたこともあります。

 

まぁブログでは販売しませんので、
そういう情報が欲しい人はメルマガ会員になっておいてください。

どうしても欲しい人は、メールをくだされば考えようかとは思います。

 

ちなみに言っておきますが、
会計や税務に関しては、グレーゾーンがかなりありますので、
本当に信用できる方にしかお教えできません。

 

そのグレーゾーンは、ネットにも書いていないし、
知識を学んだからと言って手に入るものではありません。
なので基本的には公に公開することはありませんので悪しからず。

 

 

ポイント

知識よりも経験です。しかもそれを継続することです。

今は、補助金や助成金も勉強しています。

 

【メルマガ登録】はこちら↓

圧縮1

 

【せどりを知らない初心者の方へ】
初心者の方のための動画をとりました。詳細はこちらへ↓
http://ho-ly.com/douga

 

ランキングクリック嬉しいです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ