【第173回】「縁の下の力持ち」に徹します。

どうも、ほーりぃです^^

こんにちは!

 

 

僕はずっっと悩んでました。
一応の肩書きは、社長でありますが、
ずっと僕はそんな資質はないと思っていました。

 

でもそうあるべきなら、そういう振る舞いをしようと、
だんだんと前に出る人へと意識をしておりましたが、
昨日動画を見ていて、やっぱり自分は誰かをサポートする立場だなと改めて感じました。

 

 

そして、ようやく師匠さんが
学生時代の僕に、なんで会計をいう知識を教え込もうとしてくれたのか?
ということが明らかになってきて、
なんか一人で勝手に感動していました。笑

 

僕のタイプは、
コツコツ小さなことを頑張り続けて、それを信用にして戦っていくタイプ。
そして、前に出る人のサポートをし、自我を殺してその人を押し上げていく。

 

これが自分がこの資本主義社会を生き残っていく為の特徴なんだと気づきましたね。

 

もともと、大学時代から自分は前に出るタイプじゃないと思っていましたが、
自分でビジネスをやっていきたいと思った時から、
自分でやっていくなら、自分が前に出て引っ張っていかないと行けないんじゃないか?
と思っていました。

 

でも、僕は前に出ることが本当に嫌いで、
目立つこと、有名になることが本当に嫌なのです。笑

だからどちらかというと、誰かのサポートでありたいと思ってました。

 

でも当時の僕は何の力もない訳で、
誰かをサポートできる力なんて全くありません。
むしろ足を引っ張ることばかりかと。笑

 

会計の知識も中途半端、自分で稼ぐ力もありません。
だから僕はこの二点を伸ばすことだけ、ここ数年間やってきました。

 

本当は、誰かのサポートでありたい(会計の力)けど、
もし自分にその資質がない場合は、自分で稼ぐ力で戦っていこうと。

 

今の現状では、どちらもでもこの資本主義社会を戦っていくことは、
できるようになったかと思います。
会計の知識も人並み以上には持てていますし(そこらへんの税理士よりも詳しいかと。)
自分で稼ぐ力も最低限はできたかなと思います。

 

そして、最近の僕の悩みは、
自分でビジネスをしていきたいって人には、
自分が前に出たいって人が多いってこと。
(出たいってよりも、出た方が良いって人も)

 

でも現状として、僕は社長なので、
肩書き上前に出て行かないといけません。

 

大企業ではないので、イスで踏ん反り返っていれる状態じゃないです。

そうなるとどうなるか。
キャラクターがかぶるんですよね。
つまり、同じ組織に、同じキャラクターが何人もいると、
お互いの良いところを殺してしまいます。

 

役割が、できていない感じです。

RPGゲームで言うと、みんな戦士みたいな感じですね。
回復できるキャラがいないみたいな。笑

 

せっかくチームで戦っているのに、
個人で戦っているのと変わらなくなってしまいます。

 

昨日の動画を見ていて、やっぱり役割分担は必要だなと感じたのと、
役割ごとにちゃんと責任を持ってやってもらい、代わりがいないことを認識してもらおうと。

 

 

今の現状は、
リスク分散のためにも、誰か代わりが聞く状況で動いています。

 

そうなると、代わりがいるので下の子たちがのびません。
だってできなければ、上の人がやってくれますからね。

 

なので役割をしっかりと決める。

事務所の中には、人を惹き付けられる全面に出るタイプの役割がいるので、
僕は同じ役をするのではなく、サポート役に徹する。副社長みたいな感じですね。

 

役割が決まると、自分のやることと、やったらダメなことをわける。
自分でやったらダメなことはやってもらう。

 

 

例で言うと、
僕は魔法使いタイプなわけですので、打撃攻撃は超弱い訳です。
なので、打撃攻撃するなら、補助魔法を使って勇者を強くするみたいな感じです。

勇者は、何でも自分でできますが、
パーティを見て、パーティの人ができないことを優先的にやっていく。
そんな感じです。

 

これからの目標はチームで動く。
勇者になろうとしてましたが、これからは魔法使いで徹します。

 

 

ポイント

自分の役割を認識するのは大事です。

有り難いことに、ビジネスの世界でサポート役に徹する人は少ないようで、
需要がありそうですね。笑(みんな勇者になりたいようです。笑)

 

【メルマガ登録】はこちら↓

圧縮1

 

【せどりを知らない初心者の方へ】
初心者の方のための動画をとりました。詳細はこちらへ↓
http://ho-ly.com/douga

 

ランキングクリック嬉しいです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ