せどりで高額商品を狙ってはいけない理由

どうも、ほーりぃです^^

こんにちは!

 

なんでせどりをやっている方は、高額商品を狙いたがるのでしょうか?
僕はここがいつも不思議です。

 

大前提として、
仕入値以上の値段で売れれば良いわけですよね?

 

にもかかわらず、発想は高く売ることだけ。
本当にもったいないなといつも思います。

 

僕は、高く売ることよりも、安く仕入れることにフォーカスをします。
絶対です。これができなければせどりを続けていくことは不可能だと思っています。

 

 

なぜか?
商品が定価以上に高額になる理由を把握していないからです。

 

なんで、価格が高額になるのか理由を考えましょう。

 

答えは、需要と供給のバランスが崩れるからですね。

売っている数よりも、欲しい人の数の方が多くなる。
ここをちゃんと理解しましょう。

 

お金を払うのは、いつも人間なので、
人間心理をしっかりと理解しないと、
ただそうなるからという理由でビジネスやっていたら応用効きません。

 

応用が効かないということは、
もし何かあった時に対応ができないということです。

 

ここで言うと、
もし高額商品の価格が下がった場合対処ができないということです。

 

 

価格が下がる理由は、
・売る人が多くなる
・欲しい人が少なくなる
この二点です。

 

このどちらかに当てはまってしまうと、
その商品の価格は下がる可能性があるということです。

 

つまりリスクが高いということです。
定価以上に高い値段になるのは、本当に珍しいかと思います。

 

もう既に、生産していない商品。
どこを探しても見つからないような商品。

 

そして、さらにもう一つリスクが付いてきます。
それは「不良品」です。

 

もう既に生産していない商品ということは、
たとえ商品が見つかったとしても、生産時期が古いです。
つまり、経年劣化があるということです。

 

そうなると、自然と不良品のリスクも高くなってしまいますね。
販売値が高いと、仕入値も高くなってしまうことが多いので、
リスクは倍増です。

 

このあたりはよくよく考えないと、
今まで積み重ねてきた利益が一気に吹っ飛んでしまいますよ。

 

 

だから僕は、
以前の記事でも何度も書いていますが、
「高く売ることよりも、安く買うことを徹底する」
ということをお伝えしています。

 

そうすると、どんな良いことがあるか?
まず一つとして、仕入れる商品の幅が広がります。

 

今まで定価以上しか仕入れの対象にならなかった商品が、
定価以下でも仕入れの対象になります。
さらに商品の幅が広がり、売上げの向上にも繋がりますね。

 

そして、仕入値のリスクが低くなります。
高額商品になると、仕入値も高くなる。
でも、定価の商品は商品によって違いますが、
一概に高いものだけではないので、平均の仕入値が下がります。

 

不良品のリスクもなくなりますね。

 

 

あとここが一番強いのですが、
真似されなくなります。

 

どういう意味か?

安くで仕入れをするようになると、リサーチ能力が間違いなく上がります。
安い商品を見つける為には、どうすれば良いか?を追求するからです。

 

最初は大変です。
やはり見つかりません。

 

でもそれを乗り越えると、ライバルがいなくなります。

 

同じことをやっていても、やっている内容の質が全く違うのです。
これは経験してみて初めて分かりました。笑

 

僕は本当にヤフオクのリサーチは普通です。
カテゴリーやらから入ってリサーチする訳なのですが、
やっぱり、仕入れのできる量が違うようです。

 

やっていることは同じなのに、
全く結果が違います。

 

 

事務所の人とも話していましたが、
「多分、僕らのやっていることがばれても、僕らは困らないですよね。」と。

 

 

本当にそう思います。
自分で言うのも何ですが、やっぱりレベルが違いますから。

 

誰でもできることを、誰もができないくらい続けてきた結果ですね。
レッドオーシャンも突き詰めていくと、ブルーオーシャンに変わりますね。

 

なので、高額商品を仕入れるのはありだと思いますが、
それだけにフォーカスするのはとてももったいないです。

 

しっかりリサーチ能力身につけましょうね。
そんな僕のメルマガ募集中デス!笑

 

 

ポイント

考えは広く持ちましょう。

一点しか見えていないのはとても危険ですよ。

 

【メルマガ登録】はこちら↓

圧縮1

 

【せどりを知らない初心者の方へ】
初心者の方のための動画をとりました。詳細はこちらへ↓
http://ho-ly.com/douga

 

ランキングクリック嬉しいです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ