せどりと輸入ビジネスの利益率の違い

どうもほーりぃです。

 

昨日ご紹介したこちら、
【従業員・外注なし!たった一人で月収600万円!!】

 

たくさんの方に見ていただいたようで、
読者の方から、
「こんなにどうやったらなれるのか。笑」や
「一人でもできるってことが自信になりました!」
「まずはいろいろと勉強してみます!」と
たくさんのメールをいただきました。

 

最近、
以前やっていたみたいに輸入とか輸出とかも
やっていきたいなーとふと思います。

 

物販を大きくしていくのであれば、
やはり国内だけでなく、海外でもできるようになれば、
かなり販売先は増えますからねー。

 

そして、今の時代、
外貨を稼ぐ手段を一つは持っておく必要がありますね。

 

この二つの理由から、
輸入や輸出、はたまた日本を通さない物販まで考えてはいます。

 

でも
セミナーとかでも輸入、輸出の人と話をするのですが、
利益率が全く違いますねー。

 

僕は物販というと大体のイメージは粗利益(販売手数料と原価を引いて)で
20%くらいのイメージですが、10%台の人がかなり多いです。

 

まぁどこの利益率を言っているのかによって違いはしますけど。
おそらく、他人に言うときは少し良く言うと思うので、
そう考えると、実際のところは一ケタの利益率であってもおかしくないですね。

 

そう考えるとやはり効率が悪いのかなーとも考えたりします。

 

やはり今の円安などの状況を考えての、
輸入は割に合わないようですね。
輸出はアメリカアマゾンをやっている方が多く、
こちらは以前から利益率が低いことで有名ですね。

 

最近せどりの参入者が増えていますが、
この利益率を考えての参入者が多いのかな?と感じましたね。

 

まぁ、昨日紹介した方も言っておられるように、
・トラブルが少ない
・円安に左右されない
・商品の状態を気にしなくていい
・言葉の壁がない
というところでも国内をやるメリットはかなり大きいです。

 

それに対して、利益率も良いってことになれば、
わざわざ手間を取って海外でやる必要もなくなります。

 

まず初心者の方や、物販を始める方には、
国内のせどりから始められることを、僕もお勧めしますね。

 

その中で、昨日ご紹介させてもらったものは勉強になることがたくさんあります。
なぜなら、この方は輸入もされている方で、
その方が、国内転売を進めるということは、
それだけ良い市場ということです。

 

これは僕も同感です。

 

ようやく、僕もトップレベルの方々と同じ感じ方をできるようになってきたようです。

 

僕からの紹介は今日で最後です^^ぜひおすすめです。
(登録できるのが最後ということではありません。おそらくいつでもできます。)

【従業員・外注なし!たった一人で月収600万円!!】

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ