デブは栄養失調の証拠??

どうもほーりぃです。

最近健康を気遣うことが多く、食生活や睡眠時間をとても気にしています。
そこで、ふと思ったのがデブってのは栄養失調の証拠ということです。

デブって、めっちゃ食べるからデブであって、
それが栄養失調だなんて思ったこともないのですが、
Facebookかどっかに自分の考えていることと同じ記事を見つけて、
あーやっぱり間違ってなかったなーって思いました。

なぜか?
僕はもともと間食をするタイプで、
昼や夜ご飯を食べても、すぐにおなかがすいてコンビニ何か買いにいってたりしていました。

なので健康に気を使い始めて、食べる量を減らすと
ますますコンビニでの間食が増えるんじゃないかと思ってたんですね。

僕の基本的な食生活は一汁三菜。(今はできていません。)
なので量は明らかに減っているのですが、なんと!!
おなかが減らないのです。

そこで分かりました。ちゃんと必要な栄養を取っていればお腹は減らない。
量じゃないんだと言うことですね。

本当にコンビニでのおやつとかもなくなりましたよ。

デブはなんで栄養失調かというと、
栄養が取れていないので、食べても栄養を取れと脳から命令が出るんですね。
だからもっと食べるけど、ファーストフードやコンビニばかりですよね。

なので、間違いなく食生活を変えるだけで痩せれます。
決して太ってはなかった自分でも、2週間で3〜5キロくらいは減りましたから。

まぁ、急に何の話だということですが、情報も同じかと思います。

情報商材買う人って、いろんなもの買っちゃってるじゃないですか。
情報デブみたいな感じ。まさに栄養失調状態。

アフィリも手を出すし、情報販売も手を出すし、物販も手を出すしみたいな。
自分になんの栄養(情報)が必要なのか分かっていません。

だからファーストフードみたいに、何でもかんでも食べちゃうんですよね。
何でもかんでも情報を得ようとするんですね。

まずは、自分に必要な栄養(情報)を把握する。
そして必要な栄養(情報)だけ取る。
そうすればスリムで動きやすい状態が作れますね。

ファーストフードを食べるように、
何でもかんでも情報を取っていると、良いもの悪いものの
見分けがつけられなくもなってしまう気がします。

自分に必要な情報を知るという意味でも、
いつも僕が言っている、目的が大事になってきますね。

ビジネスは何をやっても、やり方次第で上手くいきますから、
アフィリがいいとか情報販売がいいとか物販がいいとか
こだわらなくていいと思います。

実際、物販始めた頃にアフィリやって全く上手くいきませんでしたが、
物販上手くやっていけている今ならアフィリも上手くやっていけてます。

情報デブは脱却してくださいね^^

ポイント

デブが一概に悪くはないですが、かっこわるい気がします。

出すこと(運動)よりも入れる(食べる)ことの方が重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ