僕が電脳せどりを始めた理由。

どうもほーりぃです。

 

最近はあまりせどりについて書いていなかったのですが、
ノウハウとかもあまりないので笑、そういうことは書けないですが、
僕が電脳せどりを始めた理由について書きたいと思います。
(つまりノウハウなんてなくても、これくらいは稼げるということです。)

 

僕がせどりをやり始めて、もうすぐ2年ぐらいですね。
その前は、ブログに何度も書いていますが輸入ビジネスをやっていました。

 

珍しい=儲かるという発想であったため、
海外から商品を仕入れれば儲かるんじゃないかという短絡的な考え方しかできませんでした。

 

しかしやってみると思いのほか大変で、
輸入ビジネスをやっている人もこんなに多いんだなーってやっていて思いましたね。

 

一番大変だったのが、文化と言葉の違い。
新品でも箱潰れていたり、それを返品しようと思うと言葉が通じなかったり。。。
トラブルばかりに時間を割いていた記憶があります。
お金にならないことに時間を割くのが本当に嫌で嫌で仕方なかったのを覚えています。

 

そして、ある時今までにない発想が出てきます。
とある情報で、輸入ビジネスをやっていて商品が売れないと、
現金を回収する為にヤフオクで赤字で出品したりする。とのこと。

 

なるほど。
僕は海外と取引するのがいやで仕方なかったので、
ヤフオクで赤字で売っている人の商品を仕入れればいいんだ!
そうすれば取引相手は日本人で、発送の時間もかからない。

 

ということで、輸入の商品をヤフオクで仕入れることを少しの期間やっていました。
そこから僕はヤフオクで仕入ができるという考えになっていきましたね。

 

ヤフオクで最初は、「輸入」と検索をかけて商品を見ていくわけですが、
もっと商品を見るようになっていくと、あることに気付きます。

 

あれ?
日本の商品なのに、利益がでる。笑
しかもとんでもない利益が出る。笑

 

当時輸入ビジネスをやっていた僕の利益率は10%くらい。
でも日本の商品だと30%くらい。

 

本当かな??と思いながら、
まぁ一回損しても良いと思って買ってみようと買って、Amazonに出品したところ、
2日で売れた。本当に売れた。凄い利益がでた。そんな感じでした。

 

じゃあ、別に輸入の商品に絞る必要はないし、
日本の商品をヤフオクで仕入れようという感じです。
それから僕は「せどり」という言葉を初めて知りました。笑

 

なので、僕はせどりがやりたくてやった訳じゃなく、
いろいろ変化させていってせどりに勝手に辿り着いたという感覚です。

 

その後せどりの基本は、本やCDということを知ります。
そして、基本的に中古ということを知ります。

 

「なんて効率の悪いことやってるんだろう?」
当時の僕の印象です。

 

僕は家で自分の時間でお金稼ぎができることを目指していたので、
店舗にいくという発想がありませんでした。絶対に家の中で完結できること。
そして、薄利多売は商品の数が多いので、作業の割に合わないと思っていたので、
本とかCDとか単価の低いものを扱おうという気にはなれませんでしたね。

 

まぁそっからは順調に量を増やしていって今があるという形ですね。
なので電脳も店舗もあくまでどっちがいいとかじゃなく、
自分がどうなりたいかでやっていく方がいいんじゃないかと思いますよ。

 

手段に振り回されずに、しっかり目的、やる意味を考えてくださいね。

 

 

ポイント

せどりをやりたくてやったわけじゃありません。
目的を達成する為には、輸入でもせどりでも何でも良かったのです。

なので、入り口を決めるんじゃなくてゴールを決めた方が良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ