契約書がないと約束を守らない奴とは付き合うな。

どうもほーりぃです。

未だに沢山の方が見てくださっていて、
本当に有り難い限りです。
いつもありがとうございます。

今日のテーマは、
僕が学生時代に師匠さんに言われた教えです。
未だにこれはきっちり守っています。

もちろん相手が必要な時にはちゃんと作りますし、
印紙も貼って、割り印もしますよ。

ただこちらから契約書を求める事はありません。
口約束が出来ない人とは付き合わないからです。

口約束が出来ない人は、結局、
契約書を作っても、穴を見つけて
あーだこーだ言ってくるめんどくさい人です。

そこに時間を費やすことが、
どれほど愚かで、無意味なものか身にしみて体験してます。

約束が出来ない人とは付き合わない。
これ結構重要かもしれませんね。

なので僕の事務所の仲間は、
契約書なしで、数百万単位のお金の貸し借りを平気でしますし、
結構な大金を動かしたりしますね。

「ちょっと、一ヶ月位200万貸してー」って言って、
その日にしっかり貸してもらいました。

そのくらい信用出来る人と、
一緒に仕事ができるようになると本当に楽ですよね。
お金取られるかどうかの心配なんて今までに一回もした事ないです。

以前、物販関係のセミナーに行った時に、
僕と同じくらい売上を上げている人と話ししたのですが、
悩みってなんですか?と聞いたらこう言っていました。

「お金を盗られる事。」

僕の中では衝撃でした。笑
お金を取られるとか考えた事もなかったからです。

だからお金周りの事を任せられずに、
全部自分がしないといけないと言っていました。

あーそういう悩みってあるんだなーってその時初めて知りました。

僕が今日のテーマである事を教えてもらった時も、
「盗る方がメリットがあるから盗むことを考える。
 盗って関係を切る事の方がもったいないと思えば、
 お金や物が盗まれる事はないよ。」
って言っておられて、なるほどと思っていました。

つまり自分自身が、
これから先の人生でウン千万以上のメリットを与えられれば
(そう思わせられれば。)
目の前に100万円置いていも盗まれないという事です。

だって盗んだ方が損するから。

まぁ少し話しが逸れましたが、
契約書でお金盗んだらダメですよって書いていても、
盗む人は盗むのです。

そういう人と付き合ってる自分の品格の問題だなと思って、
口約束で守ってもらうようにしています。

契約書作るのも確認するのもかなり手間ですからね。

そして人間的にも人を信用できるようになりますよ^^

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ