複合投資の考え方について

どうもほーりぃです。

ご無沙汰しています。
最近はもっぱら物販はやっておらず、
仕組み作りの方に追われておりました。

今僕がやっている事は、
物販を安定、かつ勝手に大きくなる仕組みを作っております。

その為に、物販の方には力が入れられていないため、
このブログの発信も少なくなっておりました。

この仕組みを作る為に、
去年の9月に別会社を作り、1月から稼働して、
この半年で30人ほど従業員を雇用しました。

まだ皆さん全然慣れていないので、
効率はかなり悪いのですが、1年後にはかなり動いてくれると期待しています。

んで、この別会社実は人件費が全くかかっていません。笑
一人につき月10万で30人だと、月に300万の人件費がかかってしまいます。

しかし、この会社は人件費を会社で負担することはありません。
なので、30人がタダで物販の為に働いてくれているのです。
ちょっと意味不明な世界ですね。

この30人で役割分担をして、
リサーチから仕入れ部隊
検品、クリーニングなどの作業部隊
会計や支払いなどの事務部隊
が出来てしまう状況にしつつあります。

基本的に物販をやっている人は、
物販を大きくしていく為に、仕入れを拡大し販路を拡大し、
普通に従業員を払って運営している人が多いですが、

僕は物販を大きくする為に、
物販以外のところで仕組みを作っています。

なぜか??

まず一つは効率が良いからです。
やはり物販だけで大きくしていくと、利益も増えますが、
経費も増えていきますので、利益があまり変わらなかったりします。

これは経験ある人ならわかると思いますが、
組織が大きくなれば、利益も大きくなるというわけではありません。
経費が増えれば、結局利益は変わらないのです。

物販で出た利益は、
一般的には仕入れを増やしたりに使われますが、
僕はこういった仕組み作りに投資をしています。

そして、2つ目の理由はリスク分散ですね。
物販で稼げなくなっても(稼げなくなることはないですが。)
別会社でも収益を出せていれば、生活に困る事はないですからね。

物販はあくまで手段の一つでので、
この事業にこだわりはしません。
ただ物販がメリットの多い事業ではあるので、
大きくすることに良いに超した事はありません。

こういうように、
一つの事業で利益が出たものを、
同じものに再投資をするのではなく、
別の事業(相乗効果ならなお良し)に
複合して投資をしていくことはいろんなメリットがありますよ。

投資の基本は、一極集中ではなく分散ですから、
これはビジネスにおいても同じ事じゃないかなと思います。

別々の事業に投資をするんじゃなくて、
お互いが良くなるビジネスに複合で考えていきましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ